fc2ブログ
10
2019  01:49:00

【作業工程】Little Gullivers Vol.1

blog01.png
物語&原寸:https://flic.kr/p/2fGPbmd


CxC GRAPHICS第二弾となる『Little Gullivers』。
いつもだとわたしの力量不足で諦めてしまうところを、相棒のCSMRさんが見事に表現してくれたおかげでイメージどおりの“大好き”がいっぱい詰まった作品になりました。せっかく頑張ったので、ドヤァさせていただきます(・8・)ノ


はじめに


そもそもCxC GRAPHICS(略してCC企画)とはなんぞや?という方のために説明させていただくと、フォトグラファーのおともだちCSMRさんが撮った写真と、わたしが撮ったエオルゼアの写真を合体させちゃおうという企画です。

実写とSSの融合は既に色んな方がされていますが、わたしもずっとずーっとやってみたいジャンルでした。写真を撮るスキルが無いので憧れ止まりでしたが、いつも涙が出そうなくらい綺麗な写真を送ってくれるCSMRさんに「こういうのやってみたいんだけど…」と相談してみたところ、快く引き受けてくれて今に至るという感じです。

第一弾はお互い多忙すぎて、ろくすっぽ打ち合わせもせず作業もなかなかできず、まだ未完成の状態でアップしてしまった感がありましたが、今回は色々と遊んでみたのでその流れをまとめてみます。

- 作業工程 -
 1、テーマを決める
 2、SS撮影&ラフ提出
 3、SS加工
 4、フィルターがけ
 5、馴染ませ
 6、その他


では順番に〜。


1、テーマを決める(CSMR&ちょこ)


第一弾が緑っぽいワントーンの作品だったので、今回は色彩豊かな作品をと考えていました。けれどCSMRさんにこれまで見せてもらった写真の多くは彩度の低いものが多かったので、きっとカラフルなものはあまり好きではないのかもしれない…と思いましたが、どうしても諦められず

「彩度の高い加工がしたい!
 写真の中をララフェルが歩いてほしい!
 かっこいいのじゃなくて可愛いのがほしい!!!」

と駄々をこねて出してもらったのがコチラ⬇️

blog02.png 

もう…
なんていうか…

一目惚れ!!
ばっちりララフェルが歩くルートもあるし、何よりもこの敢えてほとんどボカしている被写界深度がたまらなく好き!!

というわけで瞬時に決定。


2、SS撮影&ラフ提出(ちょこ)


探検にピッタリな身軽で小道具が多い服装をチョイス。風景の緑がかなり鮮やかなので、埋もれてしまわないように赤と青に染色。後は光の当たる角度を意識してスタジオでパシャっと。あとは風景を撮って、簡単に配置したものを確認してもらいました。

blog04.png 

(これはこれでかわいい…)

風景と人物の内訳はこんな感じです。

blog06.jpg 

blog07.jpg 

画像の比率でちょっと悩んだりもしましたが、今回は風景の奥行きも大事だよね〜ということで16:9ではなく撮影時の3:2のまま進めます。


3、SS加工(ちょこ)


描き込みは欠損している部分だけにして、後はシャドウとハイライトを入れるだけに。写真のコントラストがはっきりしているのと、フィルターをかけたときにグラフィック感が出てしまわないようにかなり強めにシャドウを入れてみました。この段階で既に良い雰囲気だったので予定していた前景と背景はナシに。

blog08_20190512004847625.jpg 
普段の加工に比べたら描き込みの少ないこと少ないこと😎


4、フィルターがけ(CSMR)


レタッチや色調補正についてはCSMRさんに絶対の信頼があるので前回はまるっきりお任せしましたが、今回はCSMRさんらしいオシャンティなものではなく、クレイアニメのようなおもちゃっぽい雰囲気を目指していたので

「写真的な整合性はいらない。」
「とにかく彩度をあげて欲しい。」
「緑の光で赤を消さないで。」

と偉そうに注文を付けるおばちゃんに、何度も何度も優しく対応してくれる仏のようなCSMRさん。そもそもわたしがクレイアニメっぽくという意図を伝えていなかったので、写真的整合性を考えて緑のフィルターをかけてくれるCSMRさんに、違う!赤く!と押し問答を続けてしまったけど、本当によく堪えてくれたなあ…と感謝でいっぱいです🙏✨

リアルな光源としては右が正解だけど、ごねてごねてごねまくって左のような感じにしてもらいました。

blog05.jpg 


5、馴染ませ(CSMR)


かなり細かい作業をしてくれたけど、うまく説明する自信がないのでちょーぜつざっくり言うと、写真から浮いてしまう人物のところにノイズを乗せて光源に合わせた陰影を追加。あとは周りの色調に合わせて光も追加、背景は人物が目立つように光と陰をうまく調整、みたいな感じです!


6、その他


「大草原の小さな家みたいな!英語で!」

という適当な希望に応えてくれたのが、この『Little Gullivers』。
この単語だけで小さい人がガリバーのように旅をし、記録を綴っている情景が頭に浮かぶではないか…!!ということで即決。

あとはいつものフォントで文字入れをしようと思っていたところ、CSMRさんがドンピシャなフォントを見つけてきてくれたので、これまた即決しました。かわいい。

 

さいごに


今回、わたしはいつものように描き込みすぎないこと、CSMRさんは普段しないような彩度の高い加工をすること、といったようにお互いが慣れない作業をやることになりました。わたしは口下手だし、CSMRさんは多忙だし、うまくやりたいことが伝えられるか心配だったけど、相手の汲み取り能力がハンパなく高かったおかげで十分すぎるくらいに満足のいく作品が出来上がりました。

今回の作品をアップすることで何よりも嬉しかったのは、無名でど素人なわたしたちの作品をたくさんの人が見てくれて、リアクションしてくれたことでした。これを次回作への糧にします。(多忙だからってやめなくて良かったー!😂)

 
たかが加工だけど、これからも真剣に遊んでやろう思いまっす!


おまけ


こんなひとたちがつくりました🐤🐰

1CF1F846-661B-4C47-976C-190374B71498.jpg 
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment