15
2018  01:48:00

【作業工程】DENNY&CHAI

howto1.jpg 


- 作業工程 -
 1、撮影
 2、パーツの配置
 3、完成イメージの確認
 4、描き込み
 5、背景挿入
 6、全体の調整


1、撮影


今回はウエディングフォトという明確なテーマが決まっていたのでイメージは固まっていましたが、後から再度撮影が必要な状況になってしまわない様、人物以外にもいくつかパーツ撮りをさせて頂きました。

▼胴全体の装飾を確認する用
howto2.jpg 
▼カードのデザインを見る用
howto3.jpg 
▼手ってをギュッてする用
howto4.jpg 
▼イヤリングのデザイン確認用
howto5.jpg 
▼肩にポンって置く用
howto6.jpg 


2、パーツの配置


撮影したパーツをざっくりと切り取り、全体のバランスを確認しながら配置していきます。
なんとなく分かればいいので、ゴミとか残ってても気にしないです。

howto7.jpg 


3、完成イメージの確認


完成直前に構想から外れない様、先に5〜10分程度でできる簡易的なレタッチをしておきます。

howto8.jpg 


4、描き込み


装飾部分に重厚感がなかったりカクカクしている部分を中心に描き込み。わざとらしさが出ないように実際の貴金属の写真などを参考にしながら少しずつ描き足していったので、ここが一番時間がかかりました。(でに先の右手、黒いから手袋かと思いながら加工したけど後から違ったとわかってちょっとフフってなりました)

howto9.jpg 

同じ褐色ではありますが、このふたりの様に赤系と黒系に分かれていると、光を当てたときにふたりの明度が大きく変わってしまうので中間に近づけながら陰影を付けなくてはいけないのが苦労しました。

howto10.jpg 


5、背景挿入


手元にいい素材がなかったので、フォトグラファーの知人から写真をお借りしました。


6、全体の調整


3とほぼ同じ工程でトーンカーブや彩度なんかを弄り、コピーライトを入れて完成です。

howto11.jpg 
大きな画像はコチラ:https://flic.kr/p/27N7dtP


さいごに


エオルゼアを通じて知り合ったわたしの大好きな大好きなおふたりが、実際に入籍されたことを知り、無理を言って撮影〜加工させて頂きました。そんなわけで中途半端な加工じゃだめだ!と思い、珍しく半月ほど時間をかけて丁寧に仕上げたのでした。

バタッ。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment