FC2ブログ
--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
21
2018  00:42:00

【作業工程】同じ朝

今回のびふぉああふたーは描き込みがメインなので需要はないと思いますが、尊敬する加工師さんの卒業記念に、わたしの拙い技術をフル活用して作った作品なので「頑張ったよ!!見て!!!」という思いを込めて書かせていただきます。


1、構図を考える


わたしが勝手に尊敬していただけで、実はそれほど彼を深く知るわけではないためあくまでも想像の範疇になりますが、根は真面目で探究心が強くそしてポジティブというイメージでした。

人物

そこで彼には「後ろを振り返りつつ片手を挙げているSSをください」とだけ伝えて送ってもらったものがコチラ。この時点でほぼほぼ完成系に近くてビックリ。やっぱり撮る人が違うとSSも活きてくるのだなあと実感しました。(丸印は気になるから修正したい部分)

20180420-01.png 

背景

次にわたしが撮った残念なSSがコチラ。
虹以外何も自慢できるところのない下手くそなのが撮れました…。

20180420-04.png 


2、完成イメージの作成


切り抜き

性格的に完成イメージがないと進められないので、簡単に切り抜きをして気になっていた腕や指の部分を補正。

20180420-03.png 

微調整

イメージがわけばいいだけなのでここも適当に。
  • 背景追加
  • 光源追加
  • ソフトフォーカス追加

20180420-02.png   


3、描き込み


イメージが湧いたら一旦色調補正を全部削除して、描き込んでいきます。

右手

手に厚みが足りないので筋肉と併せて肉付けをしていきます。
光の当たる位置(手のひら側)がおかしいと感じられるかもしれませんが、冒険者ギルドにもライトがあるはずなので、そちらが反射していると仮定。

20180420-05b.png   

左手

こちらは腕の太さに問題はないのですが、光の当たり方が気持ち悪く関節部分がシワになっているように見えたので正しく光を当てて筋肉の筋も足しました。首の下部分の縫い合わせはこれまた気持ち悪いので無かったことに。

20180420-05c.png 

腰ポシェット・尻尾・脚

ポシェットの紙の部分はおそらく羊皮紙だと想定してそれっぽいテクスチャーを貼り、更に紐で縛ると出るはずのヨレを作りました。そしてバッグは、動物の、それもアルドゴート・ナニーあたりの固くてゴワゴワした手触りの革をイメージしてテクスチャーを貼っています。また、男性なので尻尾を手入れしているわけがないという理由で少しゴワつかせています。
あと、足がちょっとよく分からなかったけどチェーンっぽく見えたのでこちらも加筆しています。(SS無し)

20180420-05d.png 

設定も含めて細かく書いたけどほんとどこに需要あるんだろうこれ😶
まいっか!


4、微調整


画像にメリハリを付けていきます。
  • 背景が明るすぎるので暗めに
  • 境界線部分の光を強調
  • 体の中心部分、下半身部分を暗めに

20180420-06.png  


5、仕上げ


最後に思い切って逆光を当て、光の強さを強調させるために全体的にソフトフォーカスをかけました。(このとき暗くしていた部分のグラデーションが粗くなってしまったため、レイヤーを複製してノイズを加ています)

そんなこんなで出来上がったのがコチラ。
彼が初めて訪れたリムサ・ロミンサの冒険者ギルドで、わたしたちがギルド側から彼を送り、彼は何も言わずこちらに手を挙げて光の中に消えていく…そんな情景が伝われば幸いです。

20180420-07.png  


まとめ


《所要時間》約15時間
《総レイヤー数》198枚 



おしまい。


スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。