FC2ブログ
--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
28
2018  17:01:00

【上級編】描き込み沼へようこそ

『描き込み』とは


スクリーンショットでは表現しきれていない部分を、よりリアルに再現するためにブラシツールなどを使ってその名前の通り描き足すことです。(正式名称は分からないけどわたしはずっとこう呼んでいます)基本的なやり方は『ジャギ取り』と同じですが、ジャギ取りが補正作業だとすれば描き込みは加工作業と、ちょっとだけニュアンスが違う感じです。

よく見かけるのは髪や目の描き込みで、髪は自然な流れや柔らかさを表現するために、目は光や虹彩を足すなどしてキャラクターをより魅力的に仕上げているようです。

わたしの場合は低低低低低低低スペックマシンのせいd(ry


びふぉああふたー


見てもらった方が早いと思うので過去作を使ってびふぉああふたーをご覧ください。

びふぉあ


20180129b.png 

あふたー


20180129a.png 

まず全体的にジャギが気にくわないのでひたすら自然に見えるまで描き足し、次に髪や目がぺっとりしているように見えるので、これまた延々と描き足して凹凸があるように仕上げています。

ワンポイントアドバイス


わたし自身あまり出来ていませんが、
⚠️描き込みすぎには要注意⚠️」
です。

あまりに描き込みすぎると、キャラクターデザインのコンセプトから大きく外れてしまい、かえってチープに見えてしまう可能性があります。特に多いのは髪の毛を描き込みすぎて、コンセプトから逸脱しただけではなくどこからどう風が吹いているんだ?と首をかしげたくなるような仕上がりになることも。

なので作業しながらも、ときどきは”客観的に見てもおかしくないか”を確認してあげると良いかもしれません😌


まとめ


20180129g.gif 

《作業工程》切り抜き、背景ぼかし、ジャギ取り、描き込み、陰影、色調補正
《所要時間》3時間
《総レイヤー数》103枚 


おしまい。



スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。